住宅・不動産業界ニュース

家づくりのコンサルタントがお届けする、住宅や不動産業界、税制や補助制度など、家づくりに役立つ最新情報です。

法律・政策

建築物省エネ法が閣議決定

324日、政府は

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律案

閣議決定しました。

 

同法は、建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、

住宅以外の一定規模以上の建築物のエネルギー消費性能基準への適合義務の創設、

エネルギー消費性能向上計画の認定制度の創設をするもので、

政府は今国会での成立を目指します。

 

概要は下記の通りとなります。

(1)大規模な非住宅建築物に対する適合義務及び適合性判定義務

(2)中規模以上の建築物に対する届出義務

(3)省エネ向上計画の認定(容積率特例)

(4)エネルギー消費性能の表示

 

 

   >>>国土交通省のHPはコチラ


 

 

国土交通省が平成27年度予算概算要求等を公表

828日、国土交通省が平成27年度予算の概算要求を公表しました。

それによると、住宅・不動産関係の新規事業は下記の通りとなっています。

 

・地域型住宅グリーン化事業の創設【120億円】

 地域における木造住宅の生産体制を強化し、環境負荷の低減を図

 るため、資材供給、設計、施工などの連携体制による、省エネル

 ギー性能や耐久性等に優れた木造住宅の整備に対して支援する事

 業を創設する。

 

・地方都市の不動産ファイナンス等の環境整備に関する経費【4千万円】

 地方都市での不動産投資による資金の地産地消を促進するため、

 有識者検討会やセミナーの開催、事例集の作成等により、不動産

 証券化手法を含めた不動産ファイナンス等の環境の整備を図る。

 

・防災・省エネ・子育て支援等に対応する

           質の高い住宅・建築物整備の推進【88億円】

 防災・省エネルギー性能の向上、子育てしやすい環境の整備等の

 緊急的な政策課題に対応するため、居住を誘導するエリア等にお

 いて民間事業者等が行う住宅・建築物の整備に関する事業を支援

 する。

 

   >>>国土交通省のHPはコチラ


 

 

 

住宅耐震化率や家具固定率 南海トラフ防災対策推進基本計画で目標設定

328日、政府の中央防災会議が

「南海トラフ防災対策推進基本計画」を発表しました。

 

この計画は、南海トラフ地震による被害を軽減させるためのもの。

震度6弱以上の揺れか3メートル以上の津波が予想される地域を

「防災対策推進地域」に指定。東海3県では、愛知・三重が全県、

岐阜の中南部が指定されています。

 

住宅に関する主な内容は、次の通りとなっています。

 

・全国の住宅耐震化率を2008年の79%に対し

 2015年に90%、2020年には95%にする。

 

・住宅内の安全確保のため、全国の家具固定率を

 2013年度の40%に対し、65%に引き上げる。

 

・地震時に危険な密集市街地の解消を20年度までに目指す。

 

 

平成25年度補正予算案 住宅関連の主な内容

1212日、平成25年度補正予算案が閣議決定されました。

住宅分野の主な内容は、以下の通りとなっています。

 

・長期優良住宅化リフォームへの支援 20億円

 既存住宅ストックの質の向上と流通促進に向けた市場環境形成のため

 住宅の長寿命化に資する先導的なリフォームの取組みを支援。

 耐震性や省エネ性などを一定の基準以上にするリフォームに対し、

 1戸あたり上限100万円を補助。

 

・フラット35融資上限率10割タイプの創設

 住宅金融支援機構が行うフラット35の融資(買取型)について、

 融資上限率の9割から10割への引上げ等を実施。

 

・すまい給付金(一般の住宅取得に係る給付措置) 1600億円

 住宅取得に係る消費税増税負担をかなりの程度緩和するため、

 所得に応じて最大30万円の給付を実施。

 

・民生部門に対する省エネ支援 350億円

 家庭用燃料電池(エネファーム)や定置用リチウムイオン蓄電池、

 住宅・ビルの革新的省エネ技術導入支援など。

 

・地域材利活用促進支援対策

 地域材を活用した木造住宅の建築等に係る

 「木材利用ポイント」の延長など。

 

 

中古住宅流通・リフォーム促進に80億円の概算要求

27日に国土交通省から平成26年度予算の概算要求が発表されました。

 

その中に「中古住宅流通・リフォーム促進等の住宅市場活性化」として

80億円が計上され、長期優良化リフォームへの支援、

住宅ストック活用のための市場環境の整備等を促進することとされています。

 

具体的には、下記の施策が挙げられています。

 

「既存住宅の質の向上を図るため、リフォームした既存住宅を

 長期優良住宅等として評価する基準の整備」

「住宅の長寿命化に資するリフォームの先進的な取組を支援」

「住宅ストック活用のための市場環境整備を図るための

 消費者に対する相談体制の整備」

「今後空き家の増加が見込まれる郊外型住宅団地における

 既存住宅の流通・活用に向けた取組等を支援」

「適切な建物評価手法の定着を図るため、

 中古住宅・リフォーム市場と金融の連携強化を図る」

 

 

管理人のプロフィール
【コンサルタント草野】 名古屋・栄の中日ビル「住宅相談センター」にて家づくりのコンサルタントをしています。
宅地建物取引主任者、二級ファイナンシャル・プランニング技能士、住宅ローンアドバイザー。

愛知県津島市在住、2児のパパ。趣味は楽器演奏。

ブログは【家づくりコンサルタントの雑記帳】【FP直伝! 住宅ローン選びのポイント】【名古屋・東海3県の家づくりイベント情報】。

詳しいプロフィールは【管理人の自己紹介】をご覧ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
住宅相談センターのご案内
住宅相談センターは、名古屋・栄の中日ビル「家計の総合相談センター」を拠点に、売り手や作り手ではない「第三者」の立場で家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの資金計画・住宅ローン選び、住宅会社の選定、図面・見積のチェック、建築現場の検査(ホームインスペクション)など、家づくりのご相談をお待ちしています。

詳しくはコチラ
家計の総合相談センター
家計の総合相談センターは、貯蓄・税金・相続・年金・保険など、家計にまつわるご相談をお受けしているファイナンシャルプランニングの専門家集団。

名古屋・栄の中日ビルを拠点に、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引主任者、税理士、司法書士、社会保険労務士などの専門家がお待ちしています。

詳しくはコチラ


◆グループ会社◆

家計の総合相談センター

住宅相談センター

税金相談センター

【相続相談センター】

年金相談サービス

保険相談センター
ブログランキング
参考になったら、応援のワンクリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
FC2建築ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ