319日、経済産業省が平成27年度の

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

新規参入者向け買取価格を決定したと発表しました。

 

それによると、224日に調達価格等算定委員会が決定した

「平成27年度調達価格及び調達期間に関する意見」の内容通りで

下記の通りとなっています。

 

 

1)非住宅用太陽光(10kW以上)

 ・買取価格 【4/16/3029円/kWH(平成26年度は32円/kWH

       【7/1~  】27円/kWH

 ・買取期間 20年間

 

2)住宅用太陽光(10kW未満)

 ・買取価格 【出力制御対応機器設置義務なし】

             33円/kWH(平成26年度は37円/kWH

       【出力制御対応機器設置義務あり】※

             35円/kWH(平成26年度は37円/kWH

 ・買取期間 10年間

 

 ※北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、

  沖縄電力の需給制御に係る区域内が対象

 

3)未利用木質バイオマス

 ・買取価格 2000kW未満 40円/kWH

       2000kW以上 32円/kWH

 ・買取期間 20年間

 

4)その他の再生可能エネルギー

 ・買取価格、買取期間ともに据置き

 

 

ちなみに、買取の原資となる「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は、

平成26年度の0.75円/kWHから倍増の1.58円/kWHとなります。

 

これらは331日に告示、41日から運用する予定となっています。

詳しくは、下記の経済産業省のHPをご覧下さい。

 

   >>>経済産業省のHPはコチラ