平成2881日現在の、名古屋地区の住宅ローンの金利動向です。

 

先月は日銀のマイナス金利政策に加え、

イギリスのEU離脱問題の影響も受け、

10年以上の長期の固定金利タイプを中心に大幅な利下げとなりました。

 

 

まずは変動金利タイプ

 

マイナス金利政策の影響による利下げの動きもひと段落で、

こちらは横ばいとなっています。

 

ネットバンクなども含め、変動金利タイプは

0.6を切ると非常に低い水準となっています。

 

日銀の金融緩和政策は物価上昇率が2.0%になるまで継続の見込みなので、

変動金利も当面現在の水準で推移すると思われます。

 

 

次に、固定金利タイプ固定金利期間選択タイプ

 

129日の日銀のマイナス金利発表以降-0.1%前後の水準で

推移している長期金利(10年モノ国債の利回り)は、

イギリスのEU離脱問題もあり7月末には-0.3%台まで低下。

 

その影響で、10年以上の固定金利・期間選択タイプを中心に

0.5%程度の利下げとなっており、

信託銀行の中には10年固定で0.35%、30年固定で0.75%という

考えられない金利も見受けられます。

 

なお、メガバンクや信託銀行などは、

借入者の条件(属性)によって最低金利が出ないケースがあるほか、

中間金やつなぎ融資の扱いも厳しいため、表向きの金利だけで判断せず

地銀・信金も合わせて比較する方が良いでしょう。

 

 

そして、フラット35

 

フラット35については、フラット2035

過去最低を更新しています。 (カッコ内は対前月)

 

 ・フラット20  0.83%(▲0.02%)

 ・フラット35  0.90%(▲0.03%)

 ・フラット50  1.44%(+0.01%)

 

 

なお、上記の金利は金利プラン優遇後の“表向き”の数字です。

借入れ条件や借りる方の属性や交渉次第で、

さらに優遇幅を大きくすることもできます。