住宅・不動産業界ニュース

家づくりのコンサルタントがお届けする、住宅や不動産業界、税制や補助制度など、家づくりに役立つ最新情報です。

2014年02月

フラット35の融資率が10割に引上げ

住宅金融支援機構は、国の平成25年度補正予算成立を受け、

長期固定金利タイプの住宅ローン・フラット35の融資について、

これまで9割だった融資率の上限を

本日224日以降の実施分から10割に引き上げました。

 

住宅金融支援機構の発表はコチラから。


 

 

「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助」3月中旬受付予定

221日、一般社団法人環境共創イニシアチブ

「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業費補助金」

事業概要を発表しました。

 

この事業は、、一般家庭や事業所等での

定置用リチウムイオン蓄電池の導入に対する補助で、

平成25年度補正予算に盛り込まれたもの。

 

住宅の場合、1軒あたり100万円が上限で、

申請は機器設置前の「予約申請」と、

機器設置後の「交付申請」の2段階。

 

予約申請、交付申請ともに平成263月中旬から

受付開始の予定となっています。

 

詳細は環境共創イニシアチブHPをご覧下さい。

 

   >>>一般社団法人環境共創イニシアチブHP

 

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」事業提案の受付開始

27日、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

事業提案の受付が開始されました。

 

この事業は、インスペクション、性能向上のためのリフォームや

適切なメンテナンスによる住宅の長寿命化を図る優良な取り組みに対し、

国が事業の実施に要する費用の一部を補助するというもの。

 

1)リフォーム工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成。

2)住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行う。

3)リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たす。

ことで、1戸あたり最高100万円の補助金が受けられます。

 

補助金を受けるためには、

 1)事業提案

 2)国による審査・採択

 3)交付申請

 4)国による交付決定通知

 5)リフォーム工事

 6)実績報告・金額確定

 7)完了検査・補助金支払

という手続きが必要となります。

 

今回開始したのは1の事業提案で、締め切りは228()18時必着。

 

事業提案は基本的にリフォーム会社が行いますが、

事業採択されないと補助を受けることはできないので、

長期優良住宅化リフォームの補助金の活用を考えている方は、

事業登録されたリフォーム会社でリフォームを行うことになります。

 

 

平成26年2月の住宅ローン金利 ~フラットが過去最低金利を更新~

平成2624日現在の、名古屋地区の住宅ローンの金利動向です。

 

先月は数ヶ月続いた利下げから一転、利上げとなりましたが

今月は以下のようになりました。

 

 

まずは変動金利タイプ

 

変動金利に影響を与える日銀のゼロ金利政策は終わったものの、

大幅な量的・質的金融緩和が行われています。

 

そのため、基本的に1.0%を切る低水準で推移しており、

0.8%を切ることも珍しくなくなってきました。

 

日銀の金融緩和政策は物価上昇率が2.0%になるまで継続の

見込みなので、変動金利も当面現在の水準で推移すると思われます。

 

 

次に、固定金利タイプ固定金利期間選択タイプ

 

昨年末に上昇に転じた長期金利は、

0.74%程度を記録した後、1月に入って急降下、

1月末には0.63%程度と、昨年秋の水準に戻りました。

 

そのため、先月0.05%程度利上げした全国区のメガバンクや

信託銀行、ネットバンクを中心に、10年以上の固定金利タイプ等で

0.05%程度の利下げとなりました。

 

なお、ここ数ヶ月来ほぼ横ばいで推移している

名古屋地区の地銀・信金については、

今月も横ばいとなっています。

 

その結果、名古屋地区における10年固定

ボリュームゾーンは、引き続き1.40%程度となっています。

 

 

そして、フラット35

 

長期固定金利タイプのフラット35は、

本来、長期金利上昇の影響を受けやすいのですが

民間金融機関の住宅ローンと違い、

先月、今月と横ばいで推移しています。

 

その結果、今月のフラット35は、下記の通り

20年以内タイプとフラット50若干の利上げ

20年超タイプについては若干の利下げで、

歴代最低金利を更新する1.79%となっています。

(カッコ内は対前月)

 

 ・20年以内  1.53%(+0.01%)

 ・20年超    1.79%(▲0.01%)

 ・フラット50  2.50%(+0.01%)

 

 

なお、上記の金利は金利プラン優遇後の“表向き”の数字です。

借入れ条件や借りる方の属性や交渉次第で、

さらに優遇幅を大きくすることもできます。

 

 

平成25年の建築着工統計調査 ~消費税増税前の駆け込み需要が顕著~

 

131日、国土交通省より平成25年の

「建築着工統計調査報告」が公表されました。

 

消費税増税前の駆け込み需要が旺盛だったため、

平成25年の年間新築着工戸数は4年連続の増加で、

対前年比11.0%増980,025となりました。

 

 

住宅の種類別では、下記の通りマンションよりも

戸建住宅が大きく伸びています。

 

 ・持ち家     354,772戸(13.4%増 )

 ・貸家      356,263戸(11.8%増)

 ・分譲マンション 127,599戸(3.6%増)

 ・分譲戸建    134,888戸(10.0%増)

 

地域別の対前年比を見ると、下記の通り首都圏以外は

2桁の伸び率となっています。

 

 ・首都圏     6.2%増

 ・中部圏     14.5%増

 ・近畿圏     12.9%増

 ・その他の地域  13.7%増

 

東海3県を見てみると、下記の通り

揃って2桁の伸び率となっています。

 

 ・愛知県     64,478戸(14.6%増)

 ・岐阜県     12,590戸(18.7%増)

 ・三重県     10,738戸(12.4%増)

 

 

詳しくは、国土交通省のホームページをご覧下さい。

 

 

 

管理人のプロフィール
【コンサルタント草野】 名古屋・栄の中日ビル「住宅相談センター」にて家づくりのコンサルタントをしています。
宅地建物取引主任者、二級ファイナンシャル・プランニング技能士、住宅ローンアドバイザー。

愛知県津島市在住、2児のパパ。趣味は楽器演奏。

ブログは【家づくりコンサルタントの雑記帳】【FP直伝! 住宅ローン選びのポイント】【名古屋・東海3県の家づくりイベント情報】。

詳しいプロフィールは【管理人の自己紹介】をご覧ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
住宅相談センターのご案内
住宅相談センターは、名古屋・栄の中日ビル「家計の総合相談センター」を拠点に、売り手や作り手ではない「第三者」の立場で家づくりのご相談をお受けしています。

家づくりの資金計画・住宅ローン選び、住宅会社の選定、図面・見積のチェック、建築現場の検査(ホームインスペクション)など、家づくりのご相談をお待ちしています。

詳しくはコチラ
家計の総合相談センター
家計の総合相談センターは、貯蓄・税金・相続・年金・保険など、家計にまつわるご相談をお受けしているファイナンシャルプランニングの専門家集団。

名古屋・栄の中日ビルを拠点に、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引主任者、税理士、司法書士、社会保険労務士などの専門家がお待ちしています。

詳しくはコチラ


◆グループ会社◆

家計の総合相談センター

住宅相談センター

税金相談センター

【相続相談センター】

年金相談サービス

保険相談センター
ブログランキング
参考になったら、応援のワンクリックお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ
FC2建築ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ